加齢臭の原因とその撃退方法

加齢臭とは?それは、中高年になると出てくる臭いのことです。
原因は当然、加齢です。
年を重ねると体内の酸化に対する抑制力が低下します。

そうなると、脂肪酸、過酸化脂質の分泌量が増加するのです。
体臭はこの二つが結び合って作られるのです。
分泌量が増えると、当然体臭もキツくなります。
年齢で言うと40歳から始まると言われています。

においが駄目

改善するにはどうしたらいいでしょうか?生理的現象をとめるわけにはいきません。
そうなると生活改善から入っていくことが、必須になってきます。
要は活性酸素を発生させてしまう要素を減らしていくのです。

まず「タバコ」です。
1本吸うだけで、抗酸化物質をとっていても台無しにしてしまうほどの破壊力です。
「ストレス」もだめです。
活性酸素が発生し、同時に原因になる過酸化脂質も増えるからです。
「激しい運動」もダメでしょう。
長時間できる軽い運動がよろしいです。

上記の事を念頭に置きながら、食生活を重点的に見直す事が重要です。
食生活は、健康に直結するので一石二鳥とも言えます。
まず和食に切り替えましょう。

和食といえば、味噌汁、納豆などです。
言わば豆です。
豆製品は抗酸化作用のある物質が多く含まれているのです。
また梅干も良いでしょう。
梅干はすべての体臭を減らす効果があります。

サプリメントも良いです。
ポイントを絞って、栄養素を注入できるからです。
加齢臭対策としては、ビタミンEとCが効果的です。

言ってしまえば、タバコをやめ、仕事などから生じるストレス減な方法をとる為に軽いトレーニングを継続すること。
そして健康的な食生活。

こういった模範的なライフスタイルがやはりベストだと言えそうです。